ギヤポンプ GシリーズG-series

ホーム > 製品情報 > ギヤポンプ Gシリーズ

大同内転歯車ポンプGシリーズは、化学工業等の液体移送において数多くの実績を持ち、その耐久性と信頼性に高い評価を得ています。ポンプの心臓部である歯車は独自で開発したタオクロイド歯形により、長い寿命と高い効率を発揮します。
弊社の主力製品であるGシリーズでは主要部の材質ジャケットの有無、ブッシュの材質、シールの方式、メカニカルシールの種類などを含めると200万種類以上の組み合わせが可能です。これらの中から顧客のニーズに応じて適切な組み合わせをする事ができます。

性能表

性能表につきましてはお問合せフォームよりお問合せください
お問合せフォームはこちらから

PAGETOP

構造と作動説明

  • 歯車部分は駆動歯車であるギヤと、従動歯車のピニオンからなっており、ピニオンはピニオンブッシュを介してピニオンピンに取りつけられています。
    ピニオンの中心はギヤの中心に対して偏心しており、両歯車の間には三日月形の仕切があります。主軸に締結されているギヤが回転すると、ピニオンはピニオンブッシュを介して三日月のガイドの内側を、そしてギヤは外側を回転して、歯の間に充満した液体を吐出口へ送り出しす。   

  • A点
    ギヤとピニオンは完全にかみあい、それにより吸入口と吐出口の漏洩を防いでいます。
    B点
    かみ合いが離れることにより吸入が始まりギヤとピニオンの歯の間は液体で満たされます。
    C点
    歯の間に充満した液体はギヤの回転にともない吐出口へ送られます。
    D点
    ギヤとピニオンがかみ合い始めることにより、圧力を持った液体が吐出口より吐き出されます。

    軸封方式

PAGETOP

材料

名称 材質
ケーシング、ケーシングカバー FC250、FCD450、SCS13、SCS14、SCS16、等
ギヤ、 ピニオン FC250、FCD450、S45C、SACM645、SCS13、SCS14、SUS630、等
ピニオンブッシュ LBC、カーボン、セラミック、PTFE、FC200、SiC等
シャフト SCM435、SUS304、SUS316、SUS630、等

PAGETOP

導入事例

型番 N3G-MV 粘度(mPa.s) 20
吐出量(m3/h) 1.8 液名 ピッチ
圧力(MPaG) 2.3    
型番 N4G-ECM 粘度(mPa.s) 5~5,000
吐出量(m3/h) 4.5 液名 石油系
圧力(MPaG) 0.74    
型番 N4G-MF 粘度(mPa.s) 15,000~70,000
吐出量(m3/h) 6.6 液名 潤滑油
圧力(MPaG) 2.0    
型番 N7G-M 粘度(mPa.s) 30~5,000
吐出量(m3/h) 35~49 液名 ゴム系
圧力(MPaG) 0.91    
型番 N9G-CM 粘度(mPa.s) 30,000
吐出量(m3/h) 60 液名 ポリマー系
圧力(MPaG) 1.2