大同海龍机械(上海)有限公司 沿革history

ホーム > 大同海龍机械(上海)有限公司 沿革

2005年1月 世界的に有名なダイヤフラムポンプメーカーWILDEN社とOEM契約を締結
2005年2月 中国上海外高橋保税区内に100%出資、資本金米ドル30万ドルで大同海龍机械(上海)有限公司(DAIDO HAI LONG PUMP (SHANGHAI) CO.LTD)を設立
2005年6月 TYPHOON用ポンプにタオクロイドを搭載したシリーズを開発
2006年11月 全世界にTYPHOONポンプの販売を開始
2007年5月 資本金米ドル43万ドルに増資
2007年7月 資本金米ドル73万ドルに増資
2007年9月 TYPHOONのHLシリーズギヤポンプを開発
2007年10月 TYPHOONシリーズ以外の内転歯車ポンプ(Gシリーズ/SBシリーズ/SEシリーズ), マグポンプ、ベーンポンプ、真空ポンプを中国本土に販売開始
2008年1月 WILDEN社とOEM契約を解消する。
TGシリーズポンプを生産・販売開始
2009年11月 中国上海国際工業博覧会(環境保護技術と設備展「EPTES2009」)に出展
2010年1月 中国製SEシリーズポンプを生産・販売開始
2011年2月 中国製ベーンポンプを生産・販売開始
2012年4月 設計部を設置
2012年9月 中国天津国際化学工業展示会に出展
2013年5月 中国製ローブポンプ開発、生産・販売開始
2013年6月 SEシリーズジャケット式ギヤポンプ開発、生産及び販売