大同機械製造株式会社とは

当社は1947年に創立し、2017年7月に創立70周年を迎えた独立ポンプメーカーです。 「内転歯車ポンプのパイオニア」として、そして、「流体のスペシャリスト」として、世界中の様々な産業分野において、液体のみならず、「革新」と「信頼」を送り出し続けてきました。

会社案内

日本で初めて内転歯車ポンプ製作に着手し、種々の改良、新機種の開発を行い、『大同内転歯車ポンプ』として石油化学、医薬品、食品、石油など様々な産業分野の液体移送に数多の納入実績を積み重ねてきました。大同内転歯車ポンプの他にも、往復動式真空ポンプ、ベーンポンプ、ローブポンプの製造販売も行っております。
いずれのポンプもユーザー様のご要望に応じた、最適なポンプを提案させていただいております。

製品情報

卓越した技術と確かな信頼性により、国内一部上場化学会社の大半に採用頂き、世界中のユーザー様より高評価をいただいております。特に高粘度、高温液体の移送に多数の実績があります。

大同内転歯車ポンプの特徴は、優れた耐久性とメンテナンスの容易さにあります。一般的に回転機器のコスト構造は、『初期15%、保守85%』と言われております。優れた耐久性とメンテナンスの容易さは保守費用削減に直結し、ユーザー様のトータルライフコスト削減に寄与しております。

当社は海外展開にも力を入れております。2006年には、上海に100%出資現地法人大同海龍机機(上海)有限公司を立ち上げ、この他にもタイ駐在所を始め、アジアを中心とした各国に販売代理店を展開しております。また、ユーザー様も子会社・駐在所・販売代理店を展開している各国に加え、欧州(CEマーキング適合)、中東、南米、アフリカ、ロシアと、広範に及んでおります。

TOPICS

製品カテゴリ

内転歯車ポンプ

  • 内転歯車ポンプ Gシリーズ

    特徴
    日本国内外に多数納入実績有
    シャフト一軸のため接液部の分解、洗浄が簡単
    配管に本体を取り付けたまま接液部のメンテナンス可能
    優れた耐久性、特殊用途に合わせたオーダーメイド内転歯車ポンプ
    接液箇所(軸封部含む)ジャケットタイプ製作可能
    独自開発のタオクロイド歯形採用(特許取得済み)
  • 内転歯車ポンプ SEシリーズ

    特徴
    本体価格がGシリーズ(SUS系)に比べ安価
    Gシリーズよりコンパクト設計
    シャフト一軸のため接液部の分解、洗浄が簡単
    配管に本体を取り付けたまま接液部のメンテナンス可能
    独自開発のタオクロイド歯形採用(特許取得済み)
  • 内転歯車ポンプ TGシリーズ

    特徴
    本体価格がGシリーズ(FC系)に比べ安価
    シャフト一軸のため、接液部の分解洗浄が簡単
    配管に本体を取り付けたまま接液部のメンテナンス可能
    独自開発のタオクロイド歯形採用(特許取得済み)

ノンシールポンプ(内転歯車)

  • マグポンプ(ノンシール)

    特徴
    マグネットカップリングを組合わせたシールレス内転歯車ポンプ
    シャフト部液漏れ無し。高価な液体や危険な液体を外部に漏らしにくい
    最高温度200℃対応可能
    独自開発のタオクロイド歯形採用(特許取得済み)

ローブポンプ(非接触式ロータリーポンプ)

  • ローブポンプ

    特徴
    独自の3葉形ローターが接触しないポンプ
    液体を傷めず、固形物を含む液体を壊さずスムーズに送液可能
    正逆回転可能のため、吐出・排出切り替え可能
    完全サニタリー式

ベーンポンプ

  • Vシリーズ

    特徴
    液を攪拌しにくい
    2枚のロータープレート(ベーン)が交互にスライドして液体を圧送
    構造が簡単なため、分解洗浄が簡単
    ジャケット対応可

真空ポンプ(往復動式)

  • HI型・HT型

    特徴
    現地メンテナンス対応可
    メンテナンス時間が少なく、稼働停止による減産コスト削減可
    サイレンサー、ミストセパレーター等周辺機器取扱可